映画『ブレスレット 鏡の中の私』

ストーリーSTORY

16才のリーズは、親友のフローラを殺した罪に問われ、裁判が始まる。
リーズは無罪を主張し、両親も当然ながら、我が娘の無実を信じて何度も法廷に立つ。裁判が進むにつれ、友人の証言などからリーズの交友や私生活が明らかになり、リーズと親友のフローラとの間にも確執が生じていたのでは?殺害の動機があるのでは?と疑われるようになる。リーズの両親は、自分たちの知らない娘の交遊を目の当たりにし、自分の娘がまるで他人であるかのように思えるほど、思い悩んでいる。
裁判が続く中、弟のジュールが、ガレージでナイフを見つけた。両親はそのナイフが、フローラを殺害した凶器なのでは?と思い始め、リーズ本人に問いかけるも、リーズはもちろん、「そんなナイフなど知らないし、誰が持ち込んだのかも、誰のものかもわからない」という。
果たして、言い渡される判決の内容とは? そして、ラストカットに描かれる《ブレスレットをはずし、自らの足に結びなおす》というリーズの行為が意味するものとは?

ディレクターズ ノートDIRECTOR’S NOTE

裁判を通じて見えてくるもの、16才の彼女にとって“友情”とはどれほどの親しみを意味するのか、“恋愛”とはどの程度の感情を帯びているのか、そして両親に対してどんな思いを抱いているのかということ。本作には、(善悪を問う・犯人捜し・凶悪さや不気味さ)といったフレーズが全くあてはまらない。 “我が子のことを何も知らない”という現実から逃れられない両親の苦悩。自分たちの娘はいったい何を思っているのか、そして、これからはどのように接していけばよいのか、両親は深く頭を悩ませる。私たちは知らぬ間に、いくつもの“小さな棘”や“疑惑の影”にとりつかれていることに気づくはず。容赦なく想像が掻き立てられ、彼女の更なる行動や発言により、作品の本質を言い当てるのを難しくさせている。あなたがもしも、この法廷の傍聴席に座っているとするならば、彼女の行為、両親の証言、友人らの証言、検察官からの追及・裁判官や陪審員の判断をどのように受け止めるだろうか。

キャスト/スタッフCAST / STAFF

出演
ロシュディ・ゼム
メリッサ・ゲール
アナイス・ドゥムースティエ
キアラ・マストロヤンニ(特別出演)

監督・脚本
ステファン・ドゥムースティエ

予 告 編TRAILER

劇 場 情 報THEATER